自分の幸せを第一に②

以前の記事について、大事なことを伝えておきます。

自分の幸せはそれ以外のすべてに先立って優先されるものです。

あなたが過去にどのような事をしたとしても(それがどんなに人を傷つけたり、あるいは死なせてしまったりしたとしても)、あなた自身の幸せに制限をかける必要はありません。

なぜなら、その償い(償いという言い方は良くないかもしれませんが…)としてあなたがすべきことは、その人たち(あるいは生き物、物体)を幸せにしてあげることだからです。

そして、その人たちを幸せにするためには、宇宙の法則から言って、まず自分が幸福感で満たされる必要があるからです。

あなたは罪悪感を感じる必要も一切ありません。なぜなら、罪悪感は自分の幸福を阻害し、それはすなわちあなたの周りの人にも伝わっていくからです。

そうではなく、あなた自身を幸せにすることが、その人たちの幸福に貢献する唯一の方法です。

 

また、逆に幸せな事に罪悪感がある人も、その罪悪感を感じる必要は一切ありません。なぜなら、自分が幸せな状態であれば、周りの人にその幸せが伝わっていくからです。

周りの人の幸せに貢献すると、自分の幸福感の容量も広がっていきます。それによってさらに自分の幸せが強くなっていきます。その幸福のスパイラルを私は「幸福のメビウスの輪」と呼んでいます。

それについてはまた今度お話しします。今日はここまで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA